2015年度作品 
 HomeWork|Past Works 200420052006200720082009201020112012201320142015201620172018年
 トップページで使用していた作品です。
 
- 拡大写真をご覧ください -


UP DATE 2015/12/15

無 題

美しい曲線をもつ、ハープの為のオブジェです。
ハープの襟元をたっぷりと包み込むような、冬のコートとして寄り添います。

作品集Paris floral interiorsより


 
- 拡大写真をご覧ください -


UP DATE 2015/11/15

燃 え る よ う な 芍 薬

生命に満ち溢れたような芍薬、レッドチャーム。
押さえきれないほどの、また恥じらいすら感じさせない官能的なまでの存在感。
この花の持つ豊かさを、同色の、しかし芍薬の赤を引き立たせるような赤色の渦巻型の花器に入れ、白い階段の横に置いて際立たせてみる。


 
- 拡大写真をご覧ください -


UP DATE 2015/10/02

好 き な 色

フォーシーズンズプレス ベストフラワーアレンジメント秋号に掲載していただきました。

ビビッドカラーで作るブーケは見る人はもちろん、作り手にも元気を与えてくれます。
日本のスイートピーは世界のどの国よりも秀でています。
皆さまに向けて、私の大好きな紫系のスイートピーでブーケを作ってみました。


 
- 拡大写真をご覧ください -


UP DATE 2015/08/15

Le domino végétalオブジェ

Une partition où les blanches ont la même valeur que les noires.
Les touches du piano sont éclatantes de musique.
ラ・ロッシュにあるル コルビュジエの建物の中で撮影した作品の一つ。
明るく澄みきったこの場所にたたずむと、無色透明のピアノの静かな音がどこからともなく聞こえるようであった。

作品集Paris floral interiorsより


 
- 拡大写真をご覧ください -



UP DATE 2015/07/20

自然界からの贈り物

自然界は我々に宝物を贈ってくれる。
黒いもの、緑のもの。―それがキャビアであったり、はたまた蔦であったり。 美しい大理石の上で、サバの尾ひれは柔らかな羽となる。

玉虫色の皮膚に雷文をもつサバのオブジェは1925年に創られたもので、 下地にある器は泥で模様をつけるスリップウエアと呼ばれるイギリス生まれの技法で作られた陶器の一種です。
まさに天に宝物を捧げるかのように、サバの銀色の頭は光りに向かって真っすぐに伸びています。

作品集Paris floral interiorsより


 
- 拡大写真をご覧ください -




UP DATE 2015/06/17

インターフローラ世界大会

第14回 インターフローラ主催 花の世界大会2015が開催されました。
前回2010年上海大会から開催地をベルリンに移し、11日から3日間、世界26ヶ国からの参加で行われたこの大会も韓国の優勝を持って幕を閉じました。
日本からの参加者 中村氏の作品を今月はご紹介します。 ファイナリストに残った彼は、最後までよく健闘したとおもいます。




- 拡大写真をご覧ください -




UP DATE 2015/05/15

す ず ら ん

すずらんを贈り合う5月1日、ここフランスでは誰でも売って良いというルールがあります。
但し、森で摘んでも根が付いていないものと限られているのと、花店から100メートル以上離れた場所で売らなければならないなどの規制がありますが・・・。子供たちがお小遣い稼ぎに売ったりするのですね。
小さな花束で300円程から。花店では栽培されたものも売ったりします。
パリのような大きな街では森のスズランは香りが高いこともあり希少価値が高くなります。


 
- 拡大写真をご覧ください -


UP DATE 2015/04/15
コンポジション

絵画展覧会のレセプションパーティの為に創ったコンポジションです。
天井が高い空間に沢山のゲストが溢れるように入る事が予想された為、そこに置く花もしっかり存在感を出しつつしかも邪魔にならないということを意識して創作しました。
花器を使わず、花材に負けないくらい良い風合いを持つ土台を組み合わせました。


 
- 拡大写真をご覧ください -





UP DATE 2015/03/20
家 庭 祭 壇

アンテナ、または小さな耳に見立ててもいいでしょう。
軽さを表現できる植物やハーブが活躍します。
祭壇としたこの作品。
この愛すべき世界においての、窓にしましょう。自己のフィルターになるかもしれません。
内に秘められた思いを、中に閉じ込めた花で表します。
壊れそうなほど柔らかな人間の息遣いすべてを、このフレームの中で浄化させましょう。
上には棘のあるサボテンを置きました。
あなたは刺さらないようにしますか?
それとも何かでプロテクトしようとしますか?

作品集Paris floral interiorsより






UP DATE 2015/02/15
春 の 音

ゆっくりですが、春が近づいています。
お届け先は、テロがあった地区に住むおばあさまにと、お孫さんからのプレゼントです。
気持ちも前向きに明るくなれますようにと、鶯色の紙にブーケを合わせてみました。






UP DATE 2015/01/15
謹 賀 新 年

なんという幕開けでしょう。
新しい年を祝う空気は一気に去り、国民皆の胸の中に重く深い傷を抱える事になりました。

世界にどうか早く平和が訪れますように。




 ページトップ
ご利用に際して