HomeWork|Past Works 200420052006200720082009201020112012201320142015201620172018年
 トップページで使用していた作品です。

 

- 拡大写真をご覧ください -



UP DATE 2011/12/15

2011年クリスマスリース
森の香りが漂ってくるような素材を集めたリースや、色とりどりのオーナメントが美しく輝くリース。
今年のクリスマスリースも、とてもパリエッセンスの詰まった素敵なフォルムになっています。
パリブティックではテーブル用に、リースに大きなロウソクがついたものがよくでます。
小動物が加わったリースは特に小さな子供に大人気、パパに手をひかれたお散歩中の男の子がこの日も購入していきました。

 

- 拡大写真をご覧ください -



UP DATE 2011/11/15

カラーデコレイト
メタリックな質感の家具でまとめられたお宅です。
そこで結婚記念パーティがありました。
季節もどんどん寂しくなってきますので、温かなイメージのオレンジ系よりも、一層華やかなフューシアピンクと赤を基本にし、紫系でアクセントを置きました。
ホテルやレストランで行われる結婚パーティは白と緑が基本ですが、ホームパーティにされるならばこの法則は必要ないですね。





- 拡大写真をご覧ください -




       
UP DATE 2011/10/15

店 内
10月の店内です。
毎日のように花を仕入れます。
作ったものを売るということはしていません。
お客様がいらっしゃり、ご要望を聞いてから花を選び作り始めます。
まだパリでお花を買ったことがないという方は、フロリストとのやりとりもまた楽しいものですので是非挑戦してみてください。
言葉に自信のない方は、値段・用途さえ言えばあとは何とかなるでしょう。

  - 拡大写真をご覧ください -  


       
UP DATE 2011/09/15
コンポジション
以前にもご紹介したサウジアラビア第一王妃のパリ別宅です。
ここはエントランス。
あちらこちらにセキュリティカメラが光っているので、あまり写真は撮れません。
王妃がご滞在中は、数日に一回こうしてコンポジションを入れ替えに伺います。





- 拡大写真をご覧ください -




       
UP DATE 2011/07/15

バスケットブーケ
ブティック近くのアパルトマンに、一人で住んでいらっしゃるムッシュのお宅に配達するブーケです。
毎週一回取り替えるのですが、日中はご不在なのでお宅のカギをお預かりして入り、日が差し込む窓際のテーブルに置いて帰ります。
(写真はブティック内です)
お忙しい日々がいやされるようにと思いながら作っています。





- 拡大写真をご覧ください -




       
UP DATE 2011/06/15

出産祝い
クライアントのご注文はご友人のご出産祝い。
待ちに待った第一子が女児だったということで、大ぶりのバスケットに愛らしいオレンジを基調とした花々をいけてみました。
お預かりしたメッセージをリボンに一つずつ文字を載せて用意し、最後にとりつけて完成です。もちろんカードという手もありますが、パリでは多くの慶弔ごとにこうしてリボンを用います。


- 拡大写真をご覧ください -



       
UP DATE 2011/05/15

5月の色
やはりこの季節は白とグリーンがよく合います。
白といっても、もともと存在感のある薔薇はオフホワイトを使うとブーケの中にうまく溶け込み、全体を優しくまとめ、よりロマンティックな雰囲気をかもし出します。


- 拡大写真をご覧ください -



       
UP DATE 2011/04/15

手土産のブーケ
春先、一人の旅人がパリブティックを訪れ手土産のブーケをご注文くださいました。
日本からやってきた彼女は、翌日スイスのご友人宅に行くとのこと。 ご友人は少しご年配のマダムだということで、大ぶりの薔薇やユリなどを選んでみました。
後日いただいた写真からは、ぬくもりを持つ木製のテーブルに飾られたブーケが更にお部屋全体を温かく演出してくれていて、とても嬉しいワンカットでした。





- 拡大写真をご覧ください -




       
UP DATE 2011/03/15

エントランスコンポジション
サウジアラビアの第一王妃のパリのお宅に飾る作品です。
いつもご滞在中は溢れんばかりのお花をご自宅に飾りますが、これはお部屋に上がる階段下に置くように作りました。
本来は館内監視カメラが多く撮影NGなのですが、一枚セッティングしたところを押さえてみました。





- 拡大写真をご覧ください -



       
UP DATE 2011/02/15

イドテーブルブーケ
アラブのプリンセスが、ご自宅に眠っている器をお持ちになりました。
小ぶりすぎて使いようがないけれど、捨てるにはもったいないからと・・・。
すぐに思い浮かんだのが私だったそうで、持っていけば何とかしてくれるのではないかとのこと。
ご期待にこたえねばいけませんね。
ということで、サイドテーブルに置いていただければと花を挿してみました。


UP DATE 2011/01/15
新年あけましておめでとうございます

一年の始まりです。
東洋のように干支がない我々は、年頭に当たってその年の干支にちなんだ願いを持つことはないのですが、でも今年はなんとなく“卯”を意識して、更に大きく飛躍していければと願うところです。
今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします。














 ページトップ
ご利用に際して