Home|From Paris
 

2004200520062007200820092010201120122013201420152016 |2017 |2018年度パリ便り  

2017/11/14
クリスチャン・ディオールとガーデナー

ディオールはノルマンディで生まれ育ちます。バラをこよなく愛した母親の影響で、彼も生涯バラを愛します。
専属のガーデナーを置いて庭を管理させ、パリでの忙しいクリエーションの合間でもよく故郷に戻ったといいます。
今年はメゾンができて70周年、パリ装飾芸術美術館でChristian Dior, Couturier du Rêveが開催中です。

2017/10/15
味覚の一週間

1990年10月15日、ジャーナリストで料理評論家のジャン=リュック・プティルノー氏とパリのシェフたちが一緒になり、「味覚の一日」を開催したことに始まります。
当時フランスでは、子供たちを取り巻く食文化の乱れが深刻な問題となっていて、次世代を担う子供たちにフランスの食文化をきちんと伝えようというプティルノー氏の思いを原動力とし、
「味覚の一日」は年々その活動をフランス全土へと広げていて国を挙げた「食育」へと成長しています。

2017/09/12
きのこの季節

秋。日本ではいよいよきのこの季節ですね。が、しかし、フランスできのこといえば秋のイメージではなく、5月を過ぎると、モリーユ茸(アミガサ茸)、ムースロン(シバフタケ)、そしてジロール茸など様々なきのこが店頭に並び始めます。
秋になって旬を迎えるのは、イタリアでポルチーニ茸と名前を変えるセップ茸。また、フランスのきのこの中で珍しく人工栽培されているのが、日本でもおなじみのシャンピニオン・ド・パリと呼ばれるマッシュルームです。
フランス人達はマルシェにきのこが並ぶと嬉しそうに品定めし、季節の味を楽しみます。加工品は日本でも手に入れることができますが、採れたてのきのこは現地でしか味わえないもの、ぜひ旅行で滞在した時には旬のきのこ料理を味わってみましょう。

2017/07/19
薬草~Herbes médicinales

ヨーロッパでは薬草の歴史は古く、紀元前までさかのぼります。
フランス人は自然に生活の中に“ハーブ”(薬草)をうまく取り入れて生活をしています。
パリのHerboristerieエルボリステリー(薬草販売店)を、一度訪れてみてください。

2017/06/22
ハーブ(薬草)

ヨーロッパのハーブ(薬草)の歴史は深く、紀元前にさかのぼります。
主にキリスト教会が薬草園を作ったり、新しいハーブを導入したりと重要な役割を担いました。

中世、人気のあったハーブはウッドべトニー、バーバイン、ヨモギ、トウオオバコやヤローなどで内服薬としても用いられましたが、むしろ邪眼を退けるお守りとして身につけることが多かったそうです。

2017/05/14
男と女

マクロン新フランス大統領の登場で、国民は新しい未来を期待しています。
そんな中、日本でもっぱら注目されたのは・・そう、25歳年上の奥さんですね。
フランス人は一同に、“on s’en fiche-知ったことか”と無関心でいますが、私たち日本人は二回りも上の奥さんとのストーリーに興味を持ってしまいます。
男女の仲にモラルも何も存在しないフランス。とても文化が違いますね。

2017/04/20
Auguste Rodinオーギュスト・ロダン

今年はロダン没後100周年にあたり、3月22日から7月31日までグラン・パレで『Rodin. L’exposition du centenaire ロダン、没後100年記念展』という彫刻展がおこなわれます。
これと並行して、3月14日からロダン美術館でも『Regards croisés 交差する視線』を開催。
春は大きな展覧会が続きます。

2017/03/20
Mimosa

『豊かな感性』という花言葉を持つこの花は、春の訪れを告げる代表です。
南フランスではミモザ祭り-ボレム・レ・ミモザ-が開かれ、人々は待ちに待ったこの季節を祝います。
草の香りの混ざったような春の花の香りは、気分を一気に華やかにしてくれますね。


2017/02/15
Joyeuse Saint Valentin !

パリから南へ電車でおよそ2時間、人口約280人の小さな村 Saint Valentin(サン・ヴァランタン)。

2月14日のセント・ヴァレンタインデーには、世界中からカップルが訪れます。

村には唯一のレストラン 2月14日を意味するAU 14 FEVRIER(オー・キャトルズ・フェヴリエ)があり、村人のみならず多くの人々の心をつかんでいます。


2017/01/16
フランスのシンボル

今年の干支である酉、実はフランスの象徴であるのはご存知でしょうか。

第一次世界大戦以降、広く使われるようになりました。

スポーツでもナショナルチームは雄鶏のマークをつけています。

『酉(鶏)は鳴き声で太陽を招き、邪気を祓う神聖な生き物』と古来から言われているそうです。

今年一年が皆様にとって明るい年となりますよう。
ご利用に際して