Home|From Paris
 

200420052006200720082009201020112012201320142015 |2016 |20172018年度パリ便り  

2016/12/20
サパン・ド・ノエル

まちの花屋の軒先には、ほら、このように樅木が。

1 年は早いですね。

フランスのノエルでは、樅木を家の中のみんなが集まる大切な場所に据える所から始まります。

今年はどんな樅木と巡り合えたでしょうか。

2016/11/15
Maison Bremond

南仏エクサンプロバンス生まれのエピスリです。

2015年、南仏コスメブランドL’Occitaneの創始者Olivier Baussanが買収しました。

オリーブ油をはじめトリュフの入った商品やテリーヌ、ペスト、タパナードなどなど、高級食材品店として根強いファンを持っています。

写真はサンジェルマン店。パッサージュの中にある、素敵なお店です。

2016/10/14
第9回「読書の秋」

第9回文学とバンドデシネの祭典「読書の秋2016」が、10月12日から11月25日にかけて全国各地のアンスティチュ・フランセやアリアンス・フランセーズ並びにそのパートナー機関にて開催されます。
10月はバンドデシネ部門、11月はフランス文学に焦点を合わせます。
講演会、執筆ワークショップ、映画上映会などいずれも今回のイベントの為に特別来日した作家とともに、発見に満ちた秋のひとときを過ごすことが出来る貴重な機会となるでしょう。

2016/09/15
ル・コルビュジエ

過去に2度世界遺産に推薦されていながら見送られていた彼の建築作品が、2016年の世界遺産として7月17日に登録されました。
東京上野の国立西洋美術館を含む、7ヵ国17作品です。
ル・コルビュジエは主にフランスで活躍した建築家で、近代建築三大巨匠のひとりと呼ばれ、 「住宅は住むための機械である(Machine a habiter)」という思想のもと、鉄筋コンクリートを使った建築作品を数多く作り、今ではその多くが歴史的建造物として保護されています。

2016/07/08
ボンジュール TOKYO

今年も、パリの街角を切り取ったかのようなドゥマゴパリ祭が東京渋谷Bunkamuraで開催されます。
多くのフランステイストが楽しめるこのイベントに、パリから参加するAnne Kieferアンヌ・キエフェールさんの作品は必見!
7/9-18 までの予定です。

2016/06/15
オーブンキッチン?

不安定な気候のパリですが、日曜日はご近所集まってBBQです。
この日は雨が降っていて、外へ続くアプローチにある土間を使って準備しました。
薪をくべ火をおこし、バーガーにするパンを焼く横でスープも温めます。
早く外でやりたいな~。


2016/05/15
アルジル・ベルト

フランスではリピーターの多い天花粉で、お水に溶いて疲れた顔にパックをしたり日焼けした肌や火傷などお肌のダメージを感じたときに使います。
また赤ちゃんの汗疹などには、お水に溶かずそのままパタパタはたいてあげると効果があります。
特にブランド指定せず、BIOのお店で購入されると安心でしょう。
緑色の粘土が原料で、顔や体のみならず髪にも使えるマルチ商品です。


2016/04/15
ラ・キュール・グルモンド

以前このパリだよりでご紹介しました、南仏生まれのクッキー屋さんラ・キュール・グルモンド。
多くの熱いファンからの声をいただき、ふたたびの登場とさせていただきます。
量売りもしていて、各種ビスケット約30€/kg、ヌガー約15€、キャンディー約10€/360g などなど、
日本へのお土産にはとても使い勝手の良いお店の一つとなっていると思います。
何よりかわいい!
パリに来られましたら、ぜひぜひご利用くださいませ。


2016/03/17
QU’EST-CE QU’ON A FAIT AU BON DIEU
最高の花婿

2014年にフランス本国で上映された映画です。
差別・移民・宗教と、フランスが抱える三大タブーに思いっきり突っ込んでいく抱腹絶倒のコメディで、歴史や環境から差別が今もなお絶えない社会をフランス人なら誰もが感情移入しやすく重くならない形で表現し、フランスでは5人に一人が観たといわれるほどの大ヒットとなりました。
私たち日本人には馴染みのない諸問題でも、世界共通の普遍的なものを感じ取ることのできる仕上がりです。
日本では3月19日よりロードショー。

2016/02/15
フレンチチョコ

フランスでは大切な人へ男女問わず贈り物をしたり食事に行ったりして、ヴァレンタインの日を祝います。
私たち日本人のように女性から男性へチョコレートを贈る習慣は無いものの、チョコレートが大好きなフランス人は普段から手作りチョコを楽しみます。
フランスでは定番中の定番の、オレンジ、ナッツ、トリュフ。
コーヒーとチョコレートの香りに包まれた、穏やかな日曜の夕暮れのシーンです。


2016/01/23
La Cure Groumande

1989年創業南フランスで生まれたお店で、現在パリ市内に5~6店舗あります。
店内は思わずスキップしそうになるほどワクワクするポップな色調のクッキーやキャラメル、ヌガーなどがとても美しく盛り付けられています。
ギフト用に好きな缶や箱に好きなものを詰め合わせたり、自宅用にキロ買いできたり、期待を裏切らない老舗スイーツ店。
スイーツ好きにはたまりません!


ご利用に際して