Home|From Paris
 

20042005200620072008200920102011201220132014 |2015 |201620172018年度パリ便り

2015/12/15
クリストフ・ミシャラク

新進気鋭のパティシエと注目を浴び続けている、Christophe Michalakクリストフ・ミシャラク。
日替わりケーキ“KOSMIC”も、目でしっかり楽しめます。
一歩中に入ると、男の子の世界観満載な感じがまたたまりません。
カセットテープやビーチサンダルのような、レトロポップなモチーフがわくわくの元なのかもしれませんね。
ブティックとパティスリー教室が併設されていて、訪れると本人がレクチャーしている場に遭遇するかもしれません。



2015/11/15
ボジョレー・ヌーヴォー2015

毎年11月の第3木曜日に解禁される新種を、ボジョレー・ぬヴぉー (Beaujolais nouveau) といいます。
以前はその年のブドウの出来栄えをチェックするワイン業者が主な顧客でしたが、 現在は解禁日をイベントとして大々的に売るやり方が確立され、フランスでも日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られています。
今年は是非ご紹介したい日本人の醸造家がいます。
2000年からブルゴーニュでドメーヌを継承した仲田晃司さん。 日本人として初めてボジョレー・ヌーヴォーを出荷します。
フレッシュで軽い味わいのボジョレーとは異なり、飲みごたえのある濃厚な渋みと上品な酸味を兼ね備えたワンランク上の仕上がりになっているそうです。
ご問い合わせは下記メールアドレスまで。
info@gillespothier.jp

ルー・デューモンサイト

2015/10/02
10/23発売『ランチタイムが楽しみなフランス人たち』ご紹介
フード&ワインライター吉田恵理子氏の初著作。
「ランチワインは当たり前?」
「フランスパンは食べ放題?」
「フランス人は太らない?」
「学校でもコース料理?」
驚くことばかりのパリのランチ事情。
ランチタイムのルールやしきたり、フランス人の好みやこだわりを知れば、パリが100倍興味深くなります。

2015/08/15
ガラス張りの床

パリ エッフェル塔の1階、地上57メートルの高さに去年ガラスの床が誕生しました。

ぞくぞくする感覚が好きな旅行者が世界中から集まって、写真を撮っています。

エッフェル塔は年中無休で、9月頭までの夏季シーズンは朝の9時から真夜中まで入る事ができます。

2015/07/20
愛の証 パート2

先月号でお伝えしたポンデザール橋に掛った“愛の南京錠”を取り除いた、“その後”の景観です。
約100万個の南京錠がきれいになくなり、ほらこんな感じ!
賛否両論あるようですが、何より橋にかかる重量の負担がなくなり良かったのではないでしょうか。

2015/06/17
愛 の 証

パリ市は6月1日から、世界中からやって来た観光客がセーヌ川に架かるポンデザール橋に掛けた“愛の南京錠”を取り除く作業を始めました。
除去する南京錠は約100万個、総重量は45トンだそう。
昨年ついに錠の重みで橋の一部が壊れたため取り除く事に。

2015/05/15
夏季限定レストラン
太陽にバー、プールに140席のオープンテラス・・・
パリジャンがバカンス気分を求めてやってくるパリの夏季限定レストラン「ル・プレイタイム」がオープンしています。

毎日午前11時からで、今年は8/31まで。
34 Quai d'Austerlitz, 75013 Paris

2015/04/15
オイスターバー L'HUITRADE
三ツ星レストラン Guy Savoyからすぐ道を渡ったところにある、同系列のオイスターバーで求めました。
もちろん店内でも食事できますが、こんな風にテイクアウトもできるんですよ。
自宅用としてというより、ホームディナーにご招待されている場合のちょっとした手土産にもいいですよね。
日本円でおよそ3,000円程です。

2015/03/20
プティボンボン

”パリ土産、どうすればいいかわからない!“
”帰国の日なのに、お土産の買い忘れがあった!“
なんてとき、ご滞在先まで届けてくれます。
または帰国後、“あれ?あの人にお土産を買い忘れてしまった!!”
なんてとき、日本まで送ってくれます。
La Petite Vallée-Paris(ラ・プチ・ヴァレ-パリ)の製品はフランス(ブルゴーニュ地方)の豊かな花野や森から生まれた蜂蜜を使用していて、やさしい自然の香りと風味がたまりません。


2015/02/15
トライアングル タワー

2017年の完成を目指しているこのタワー。
エッフェル塔やモンパルナスタワーに並ぶ、背の高い建築物としてパリの新名所になるであろう。。。と思いきや、 パリの評議会で否決されました。再審議に掛けられるそうですが、実現すれば高さ180mの予定で、エッフェル塔324m、モンパルナスタワー209mに次ぐ、パリで3番目の高さのタワーになります。 予定地はパリ15区のポルト・ド・ヴェルサイユ。
新たに5000人の雇用を見込める新施設の実現に、市長も引き下がるわけにはいきません。

2015/01/15
青い空

静かな朝。
済んだ空気。
高貴な佇まいのモスク。

全ては聖なるもの。

誰も追わず、誰も拒まず。 。

 ページトップ
ご利用に際して