Home|From Paris
 

200420052006200720082009201020112012 |2013 |20142015201620172018年度パリ便り

2013/12/22
ギャラリーラファイエット
毎年大勢の人々が、シャンゼリゼの飾りと並んで待ちに待つ、パリの有名デパート ギャラリーラファイエットのクリスマスツリーです。
欧州のツリーの特徴は、『赤と緑』のイメージは一切なく、このようにとても大人の雰囲気をもつシックな色味が主となります。
ゴージャスですよね。
これだけで夢の世界に行ったようです。


2013/10/15
ブランリー美術館
7区セーヌ河岸に建つこの美術館は、シラク大統領在任中に起こした文化プロジェクトの一環で建った、最も代表的な建造物の一つです。
アフリカ・アジアなど中心とした収蔵品約30万点にものぼるこの美術館は、ジャン・ヌーヴェルの設計。蔦が見事な外壁のデザインはパトリック・ブランによるもの。
各国の民族資料を人文科学研究の対象物とみるか、美的観点から展示鑑賞するか、未だに論争が絶えません。


2013/09/15
Darose
サントノーレ通りマンダリンホテル裏手にまわると、外観黒ベースの、一見ロンドンのパブのようなレストラン、ダローズがあります。
内装は外観と相対する赤が基調。
なんともシックで素敵なお店です。
おいしいワインに美味しいお手製のハム類が充実、レストランの一角にハムを管理する専用のカーブもあり納得です。


2013/07/16
パリ土産
デトックス効果抜群!と評判のロシア発フランス産フレーバーティ、KUSUMI TEA 1917年以来フランスにお店があるらしいけれど、ここ最近ですね・・・市内で見かけるようになったのは。
日本でも購入できるようですが、とにかく種類が豊富。
香りやその効果も様々で、テイスティングするだけでも一仕事。
シャンゼリゼ、オデオン界隈に店舗があります。
お土産にもちょうどいいので、是非一度覗いて見られては。



2013/06/20
街角アート
ここ数年パリといえばマレ!と言われるほど、マレ地区はホットな場所として賑わっています。
地図を広げるとちょうどセーヌの右上、13区、14区あたりがそうですが、ふと通りから目を奥にやると、こんな壁画に遭遇しました。
作者はJef Aerosolというストリートアーティスト。
世界中を旅しているようです。もしかしたら彼のアートに出会うかもしれませんね。



2013/05/15
ヴィヴァルディな夜
シテ島にあるゴシック調の教会サン・シャペルにて、素敵なコンサートがありました。
とても厳かで静まり返った教会の中に、バイオリンの格調高い音色が響く春の夜。クラシックがこんなに近くにある夜は、なんだか気分も華やかになります。
7時半から始まったこのコンサート。8時に教会の鐘が鳴りだし演者が演奏を途中で止め、鐘が鳴り終わるまで待つシーンも・・・
同じ空間を共有している全ての人たちで鐘音に耳を傾ける時間も、憎いくらい粋でした。


2013/04/15
リブラリー
街角の本屋さんです。
色も鮮やかですが、表紙も様々でうっとり見とれます。
この界隈はルーブル美術館に近いこともあり、どのお店の飾り付けもシックで洗練されてる感じがします。
店内ではハットをかぶったかっぷくのいいムッシュが、梯子に腰をかけ専門書を手に取り、ゆっくり流れる日曜の午後を過ごしていました。


2013/03/15
ガレット
公現祭―ヨーロッパならではのカトリックのお祭りです。
1月6日のこの日はガレット・デ・ロワを家族や職場のみんなでいただきます。
中にフェーヴと呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っていて、切り分けて食べた際にフェーヴが当たった人は幸運が1年間継続するといわれています。
ノエルが終わったと同時くらいから、町のパン屋さんで並び始めるこのお菓子。 春を迎える風物詩の一つでもあります。


2013/02/15
いざ、クライアント宅へ!
トップでもご紹介したお宅へ、スタッフとともに徒歩で“配達”をするジル・ポティエ。
本当に目と鼻の先のクライアント宅に出向く場合は、こうして歩いて行く時もあるのです。
セッティングするまでは、なんとも地味で体力のいる仕事ですね・・・。
ちなみにこのお宅、アパルトマンの最上階の6階。
この日はエレベーターの点検作業が長引いていたため利用できず、スタッフみんなで何度往復したことでしょう!


2013/01/15
Salon des Vins
広い会場に生産者たちがそれぞれブースを出しています。
入口でグラスを渡されて、ブースの上に書かれた地方名を頼りにちょっとずつ味見をしてまわります。そして気にいればそこでお買い上げ。
直接買えるとあってかなりお安くなってます。ワイン好きにはたまりません!
あ、わかりますか?みんなダースで購入するので、カートも販売していますね。

 ページトップ
ご利用に際して