Home|From Paris
 

200420052006 |2007 |20082009201020112012201320142015201620172018年度パリ便り
2007/12/21
ヴィクトルユゴー広場
青のイルミネーション。
ブティックからすぐのところにヴィクトルユゴー広場という小さな広場があります。
この季節はあちらこちらにイルミネーションがみられますが、テレビで見るような華やかな場所として代表的なのはシャンゼリゼ大通りくらいで、少し道をそれるとこんな感じです。
2007/11/02
生活用品グッズ
見ているだけでも楽しい生活用品たちをご紹介します。
スプーンにフォーク、泡だて器にチーズおろし。
傘、ちりとり、コート掛け。
なんとも家にいるのが楽しくなりそうなグッズたちです。
パリに6店舗、アヴィニヨンに1店舗あるこのお店は、PYLONES.
そのうちの一つをインフォメーションしておきます。パリにお出かけの際はぜひ!

23,bd de la Madeleine (1er)

2007/10/01
トルコキキョウ
前回に引き続きまして、新種のトルコキキョウです。
この美しさ、うっとりしますね。
名前などお知りになりたい方は、遠慮なくお問い合わせくださいませ。ちなみにいずれもとてもかわいい名前が付いています。
2007/09/01
トルコキキョウ
ミスブラウンという新種のトルコキキョウです。
日本で開発されました。
今回来日前にメールで日本の大田花きから送ってもらいみせてもらっていました。
あまりの美しさに是非使用したいと思い、用意してもらったのです。
来月は引き続き、その他の新種トルコキキョウをご紹介いたしましょう。。

2007/08/01
器 第二弾
今回も引き続きご紹介しましょう。
カメラ枠に納まる小さなものばかりをご紹介していますが、実はもっともっと背の高い器や大きな器も使用します。
私のブティックではバケツに花を入れて飾ることは一切しません。私をはじめブティックで働く者は全員、仕入れてきた花の種類、色、量を見て、即決で器を選びます。これをいい加減にすると、たちまち美しさにかける陳列となってしまいます。この部分も結構熟練の技が必要なのですよ。

2007/07/02
お花に携わっているものとして、花器は切っても切り離せない大切なもののひとつです。
今日は店内にある様々な形の花器をご紹介します。
どれだけ二つとないものや高価なものを持っていようとも、私は必ずそれらを棚には眠らせません。
もちろん形あるものはいつか壊れます。しかしそれもまた命あるものだけではない儚さがあり、美しいと思いませんか。

2007/06/05
バカラ美術館
先月ご紹介した撮影で、場所をご提供いただいたバカラ美術館のお部屋をお見せいたします。
ピンクのお部屋は、レストラン『クリスタル・ルーム』。
ゴージャスなサロンは、ノアイユ婦人のサロン『サル・ドゥ・バル』。
いずれも美術館横に隣接されたところにあり、昼はお庭が美しく見えます。

2007/05/02
25ansメイキング
場所はパリバカラ美術館。
ブラックシャンデリアがある小部屋はVIPルームです。
素敵なデコレーションがきいたお部屋に、素晴らしいクリスタルの食器でお食事をとることも可能です。
今回撮影で、特別にサロンを使用させていただきました。


Magazine 25ans (C) HACHETTE FUJINGAHO
photo & cordinate Masae Hara
Special thanks to Baccarat

2007/04/13
チーズ
チーズが豊富なフランスですが、専門店に行かなくてもスーパーの中でいろいろな種類のチーズが購入できます。
特にワインのコルクの形をした、その名も『チーズコルク』はお値段も手ごろで、お勧めの一品。
オペラ座近くのモノプリの地下で手に入ります。

2007/03/01
靴屋さん
サントノーレ通りを歩いていたら、とてもかわいい靴屋さんを見つけました。
パリはショーウインドウをのぞくだけでも楽しくなる街。
この靴屋さんでは、一番お勧めの靴が、ショーケースの中央で回っているレコード盤の上に置かれ、優雅にくるくる回っていました。

2007/02/01
スターバックス in オペラ
これは最近パリ市内でも珍しくなくなったスターバックスの中。
オペラ座の近くにあるここは一号店で、外観もさることながら店内はとてもリュックスな感じ。
すわり心地の良いソファーにまったりした空間で、持込でインターネットも可能です。

当初カフェでコーヒーを飲むのが当たり前だったパリっ子も、今ではスタバでキャラメルマキアートを頼む姿も珍しくありません。

2007/01/09
快晴の空
ここはブティックの近くにある教会。内部は荘厳でとても美しいです。
大晦日は家族揃って教会のミサに参列したりして過ごす場合もあります。
逆にフランスは日本と違って、お正月というものがありません。
クリスマスが終わると、味気ないくらい普通の生活に戻ってしまいます。

 ページトップ
ご利用に際して